読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社べROグ

メイン皿の社会人ベーシストがブレイザブリクでめびめびしてたブログ

プラスとマイナス

ごるふ

ドライバーの飛距離 ボール初速・スピン量・打ち出し角

トップスイングからインパクトにかけて生み出すエネルギーが全て飛球線に向かってボールに伝わることが望ましい


方向を問わない飛距離を伸ばすための要素は、エネルギーを増やすこととエネルギーを失わないこと

方向はアドレスのみ


エネルギーを増やす=重いヘッド・長いシャフト・大きなスイングアーク

エネルギーを失わない=スイートスポットでのインパクト・ヘッドがレベルスイング状態で迎えるインパクト・飛球線に対するエネルギーの解放に対する神経の抵抗の減少


それらを可能にするための体の使い方

両手首と肩甲骨の柔軟性、内転筋・外腹斜筋による軸の維持と正回転への抵抗、右手首・肘のスナップによるインパクトに対するアンコックのためのブレーキングとレベルゾーンの増加への押し込み


意識は両ひざと頭の固定に最大限とし、ダウンスイング中に迎えるアンコックのための右手首のスナップを手助けする

上半身、特に頭から近く作用させやすい両手指先から肘までの神経をなくすことで、脱力とスイングプレーンのイメージを助ける


固定している下半身、腰から下腹にかけては負方向、右胸と左広背筋を正方向に体内で絞り上げるような使い方をすることで、上下の回転に相反が生じ捻転エネルギーが大きくなる


トップスイングからダウンスイングへ移行する際の抵抗がタメであり、左脚とトップスイングの距離が最大に離れるステイバックとなる

ステイバックを感じたら頭を残す意識のみ、両肩から先を弛緩させてヘッドを走らせる


アンコック手前で維持していた右膝の屈伸を開放する タイガーダウンの利点


ドローを打つ場合はアンコックを早く、フェードを打つ場合はコックを維持したままインパクトを迎える


バランスを戻すときに意識することは、始動は左側・切り返しは右側であること、顎が引かれていないことを確認し、両肩がスムーズに顎の下を通ることを認識する


アドレスは飛球線に対し、フェースを合わせてから右ひじを右脇腹に当たったことを確認してから球筋に応じて右ひじの屈伸と右足の位置でクローズ・オープンを変更する


フィニッシュは形ではなく回転しきっているかどうかの確認であり、フィニッシュにおけるヘッドの在り処をアドレス時からイメージしておくことが打ち分けの成功に関わる


両足の拇指丘と右肘が大事